DTM機材のざっくりレビュー

機材のレビューや新製品の情報を配信していきます。相互リンク募集中です。



お久しぶりです。こう機材の事で頭をいっぱいにしながらPCに向かっているのはどれくらいでしょう・・・。


昨今、アナログシンセのみならず各社から鍵盤のないシンセ(音源)が頻繁にリリースされていますが、その中でも気軽に導入できるであろう小型のデスクトップシンセに焦点を絞って書いてみたいと思います。


記事のタイトルにもなっている【魅力】ですが、これは単純に省スペース・簡単操作・安価という3つの言葉に集約できるかと思います。

簡単操作や安価というところに疑問点を持つ方も多いとは思いますが。




DSI Mopho メーカーHP

mopho_page
















言わずと知れた黄色いヤツ。

こんなに小さいのにガツっと出してくれます。モノフォニックではありますが、これと言ってPolyにする必要はないんじゃないかというくらいの存在感ですね。Prophet08TETRAユーザーさんには怒られそうですが。

出音の良さは勿論ですが、厳選されたツマミが操作性を上げています。

黒い帯状の上にある4つのツマミは色んなパラメータがアサインされていますので、ポチポチとボタンを押しながら変更すればいいだけですね。

下部中央の4つのツマミは皆さん大好きフィルターのパラメータが操作できるようになっています。

設定が少し面倒ながらもシーケンサー搭載、プリセットも400近く入っていますので買ってからすぐに楽しんでもらえるような機材だと思います。


私はまだ持っていませんが、余裕ができたら買おうかと思っていますw




DSI TETRA  メーカーHP

tetra_page
















上記でも少し触れていますが、黄色いヤツの4ポリ版です。

基本的な構造に違いはほとんどありませんが、和音が出せるのが魅力です。

1Voiceあたりに2OSC+2SUB OSCに1Voice毎のフィードバックという構造ですので音作りの幅もかなりのものになってきます。

もちろんmophoと同じようにゲートシーケンサー搭載。

値段は少々高くなりますが、持っておいて損はしない一台じゃないでしょうか。




DSI Evolver  メーカーHP  

med_page













3台目も上記と同じくDSI。

発売自体はこいつが一番昔なのですが、mophoやTETRAと違いアナログではなくアナログとデジタルのハイブリッドというのが特徴です。

慣れの問題もありますが、個人的には一番操作が面倒です。が、その操作性を補っても余りあるほどに楽しいシンセです。

特筆したいのはデジタルフィードバックとシーケンサーです。

フィードバックに関しては製作者のデイブさんご本人も申しておりますが、予期せぬ破綻を起こすところが面白いです。本当に・・・実に簡単に破綻しますが、しっかりと制御されているようで耳がおかしくなるような破綻の仕方はしません。

シーケンサーはかなりのパラメータを操作することができますので、「本当にモノなの?」と勘繰ってしまうような音作りが可能です。

こいつを使いこなすことが出来れば人との差が付くこと間違い無し。順当に音作りをしてもわざと人と違う音を作ろうとしても個性的な音ができるでしょう。

逆に言えば使いどころが難しいとも言えますが、そこはユーザーさんのセンス次第ですね。



 Doepfer Dark Energy II  メーカーHP  

Dark_Energy_II_medium

























真打登場!私の知る限り、現行で発売されているデスクトップシンセの中で最も楽しいシンセの一つです。

構成そのものは至ってシンプル。1VCO・1VCF・VCA・2LFO・EG+CVが少々。

CVによるルーティングの自由度は勿論ですが、なんと言ってもVCOそのものの音が本当に素晴らしい。

フィルターの切れ具合や多機能さに目が行きがちですが、シンセの本質はやはりVCOそのものの音だと思います。

ただただ普通にSAWで鳴らしているだけでも楽しい。そういうシンセです。

同メーカーからリリースされているシーケンサー(Dark Time)と並べて使ってあげるとこれまた楽しい。

完全アナログですのでプリセットなどは当然ありません。ツマミの指している値がそのまま音に反映されます。

「プリセット?そんなの必要なし!」という方は是非。一期一会の音作りを楽しんでみてください。



Waldorf ROCKET (メーカーHP)

sujpa200001t81h1



















私の最も好きなメーカーの一つ。Waldorfから発売されている小さい(実は小さくない)凄いやつです。

このサイズの癖にオシレーターにはwaldorfらしさをしっかりと残し、フィルターにも実に【らしさ】を持ち合わせています。

厳選されたノブに割り当てられたパラメータも秀逸と言えるでしょう。

ブーストを効かせたときに加えられるサチュレーションにはココロフルエます。

つまり何が言いたいか・・・

万能に使えるシンセではありませんが出せる音はかなりのバリエーションになり、確実に自身の楽曲に対するスパイスになるでしょう。

えぇ・・・そうですとも。私が今もっとも欲しいシンセです。



MOOG MINITAUR メーカーHP)

3



















最後はやっぱりコイツ。

ここまでに紹介してきたいくつかのシンセとは性質が違います。

所謂【ベースシンセ】です。

ベース以外には使えません!というものでもありませんが、基本的にベース以外は不得手な分野です。

こいつもご他聞に漏れずパラメータはシンプルなものになっていますが、USBでPC/MACと接続すればもっと踏み込んだ音作りが可能になっています。(単独では音作りの幅が狭いということではありません)

さて、音の傾向はというと・・・moogのアレですね。

稀代の名シンセmini moogとは勿論違いますが、しっかりとmoog博士のDNAが受け継がれているようです。




今回は以上です。


私個人の思うデスクトップシンセの魅力・・・


【鍵盤を使わずに・PC/MACも使わずに・自分だけの音を追及し・シーケンサーで制御する】


これかなと

全てが手の届く範囲にあり、全てを把握することが可能で、全てをインスピレーションに委ねることができるが、意図していなかったサウンド・フレーズにも期待できるなんて楽しくて仕方が無いですよ。

全てを把握することと偶発的なサウンド・フレーズは矛盾していそうですが実はそうでもなくて、把握しているけど「ここをいじったらこうなる」なんて考えずにツマミを回してみたら面白いことになったというやつです。





最近、MusikやNABの開催にあわせ新製品の情報がかなり増えているので

個人的にまとめておきます。

好きな機材に偏っていると思うので、抜けはかなりあるかと。



Nord Lead 4

nl4_slide4

○発売時期○

Nord Lead 4 shipping May 2013. 
Nord Lead 4R shipping in August 2013


○価格○

Nord Lead 4: 1,849 euro

Nord Lead 4R: 1,649 euro



○仕様○

  • 4-part multi-timbral with 4 separate outs.
  • 2-Oscillator Virtual Analog Subtractive synthesis with Frequency Modulation, Hard and Soft Sync and True Voice Unison.
  • Morph and Variation performance controls.
  • Wavetable synthesis, including unique Formant Wavetables.
  • 12/24 dB Low-pass, High-pass, Band-pass filters section plus transistor and diode ladder filter simulations.
  • 2 LFO/Arpeggiator sections and Mod Env section with flexible routing possibilities.
  • LFO, Arpeggiator and Delay can be synchronized to the Master Clock (or external MIDI-Clock).
  • Crush, Talk and Distortion, Reverb, Delay effects (available per slot)
  • 2x oversampled sound engine.
  • 20 voice polyphony
  • 49-key velocity sensitive keyboard (C-C) (Not Nord Lead 4R).
  • USB MIDI.


【Pro Tools 11】

index

○発売時期○

2013/4~2013/6


○価格○

未定


○その他○

   ・新たなAvid Audio Engine:ハードウェアの構成が同じ状態でPro Tools 10と比較すると数倍の処理能力を   提供。
  ・64ビット・アーキテクチャ:バーチャル・インストゥルメントの同時使用可能数を指数関数的に増加させると共   に、複雑なセッションの使用も可能。
  ・オフラインのバウンス作業:ミックス時間が最大でリアルタイムの150倍にスピードアップ。
  ・低レーテンシー入力バッファ:プラグインのパフォーマンスを阻害することなく、録音時のモニタリングにて超   低レーテンシーを保証。
  ・ダイナミックなホスト処理:必要に応じて処理リソースを継続的に再割当てするため、使用可能なプラグイン   数を最大限まで拡大。 


続きを読む

このページのトップヘ